低年収でお金に困っている場合は国から借りる事を検討しよう

低年収でお金に困っている場合に検討する借入先はズバリ「国」

最後には日本という国を頼る2人

お金に困った時には、消費者金融や銀行で借りるという方法を思い浮かべるかもしれませんが、どうしてもダメ!というときは、日本国という国からお金を借りる制度を検討してみて下さい。日本には総合支援資金貸付という制度がありますので!

 

消費者金融や銀行で借金するといえば、収入の少ない人が選ぶ方法であるというイメージもあるでしょうが、実際にはイメージと異なる部分があります。

 

カードローンの利用状況に関する調査によると、意外にも収入が高い人の方がカードローンで借入をしているという結果になっています。ある程度の収入がある人でも、冠婚葬祭などで急にお金が必要になるケースがあったり、給料日前に不足して苦しくなることがあったりするので、利用するという人が多くなっているようです。

 

また、カードローンを利用するためには、審査にパスする必要がありますので、あまりにも低年収であると利用できないという側面もあるでしょう。低年収でも銀行や消費者金融を利用できる可能性はあるかもしれませんが、借りた後は返済していかなれければなりませんので、ギリギリで生活しているような場合には国から借りるなどの他の解決方法を模索する方が良いです。

 

総合支援資金貸付を検討する

失業などによって低年収になった場合には、国の制度の一つである総合支援資金貸付を検討してみると良いでしょう。(公式ページはコチラ→「総合支援資金貸付」に関するQ&A|厚生労働省

 

総合支援資金貸付を利用するためにはいくつかの条件がありますが、収入のレベルについては住民税が非課税となる程度とされています。

 

また、住居を持っていることも条件の一つとなっており、貸付制度を利用することによって、生活を立て直すことができると判断されなければなりません。

 

もしこれらの条件をクリアすることができて貸付制度を利用することができれば、生活費として単身なら月15万円、二人以上の世帯なら月20万円を1年間借入することができます

 

他にも住宅入居費や一時生活再建費といった貸付も利用できるため、生活の立て直しには十分といっても良いぐらいのお金を調達することが可能となります。(国の関連サイトはコチラ→失業して生活にお困りの方など、一時的に生活資金などが必要な方を支援するための「生活福祉資金貸付制度」があります。:政府広報オンライン

 

さらに、借入の際の利息が非常に有利な点が特徴で、連帯保証人がいる場合には利息が無しとなります。連帯保証人がいない場合でも年1.5%ですので、利息を非常に少なく抑えることができる点は大きなメリットでしょう。

 

総合支援資金貸付でお金を借りる手続きの方法

手続きは、まず各市町村にある社会福祉協議会に足を運んで相談することから始めることになります。

 

申し込みに必要な書類はその際に説明されますが、申込書以外にも複数の書類を用意しなければなりませんので、すぐに申し込めるものではありません。

 

必要書類を準備するなど多少手間はかかるものの、かなり有利な条件で借入することができる制度ですので、まずは社会福祉協議会で相談してみると良いでしょう。