返済は分割払い・リボ払い・一括払い?

お金を借りたときの返済方法いろいろ

期限までにお金をまとめて返す

お金を借りるなら、その返済方法をどうするかを熟慮した上ですることをオススメします。

返済総額を減らしたいのか、月々の負担を減らしたいのか……。人によってどの点を重視するかは違ってきます。
今回は3つある返済方法のうち、どんなタイプの人にどんな返済方法が合っているかについてお伝えしていきます。

 

1一括払い

一括で返済額を支払うため、3つあるキャッシングの返済方法の中で最も利子が低く済みます。しかし、一括で返す余裕がない方には厳しい支払い方法です。給料が入ったらそれですぐ支払うことが可能、という方にはこの方法で返済することをおすすめします。

 

2分割払い

返済額を分割して何回かに渡って払っていく方法で、分割回数はキャッシングをする方が決めることができます。ただし、分割回数が多くなればなるほど、利子が大きくなりますので出来れば少ない分割回数で返済をするのが良いでしょう。一括払いはとても余裕がなくてできないという方におすすめです。ちなみに、2回キャッシングをおこなって、そのどちらも分割払いにした場合、ダブルで支払う必要がありますのでご注意を。

 

3リボ払い

リボルビング払いの略称です。(日本クレジット協会:リボルビング払いってなに?)

 

分割払いと似たような支払い方法で月々決まった額を返済していく方法なのですが、分割払いと大きく違う点が1つあります。リボ払いはスライド式であるため、2回キャッシングをおこなった場合などでも1万円なら1万円と決まった返済額を毎月支払っていくことになります。その分、返済期間も伸びるため利子は分割払いよりも多くなります。もしかしたら数ヶ月後にまた借りるかもしれず、その時に返済額が大きくなるのは厳しいという方におすすめの支払い方法です。

 

カードローンのリボ払いって何?

「リボ払い」は、クレジットカードの返済方法として広く知られていますが、カードローンの返済でもリボ払いが採用されています。一括返済にしないと、自動的にリボ払い方式を選択することになります。

 

リボ払いには主に3つの方式があります。

  1. 定額方式:常に一定の金額を返済額とする
  2. 定率方式:残高に一定の割合を乗じた金額を返済額とする
  3. 残高スライド方式:一定の範囲ごとに区切られた残高に応じた金額を返済額とする

 

残高スライド方式では、返済によって残高が減って来ると、返済額も少なくなっていきます。その為に返済が完了するまでに時間が掛かります。

 

どの返済方式でも利息を優先して支払うことになり、元金返済額は「支払い額−利息」ということになります。例えば初回の返済で3,000円を支払った場合、18%の金利ならば借入れ1か月後の利息は、100,000円×18%÷365日×30日=1,479円になります。

 

そのため、元金返済分は3,000円−1,479円=1,521円ということになります。
3,000円に占める割合は、利息と元金でほぼ同率となります。

 

利息と元金の返済額に占める割合では、返済額が多い時、元金の残高が少なくなって来た時に元金の割合が大幅に多くなります。一方、元金の残高が多い時には利息が最も多くなります。

 

リボ払いでの返済はオトク?デメリットはあるの?

リボ払いで返済をするとオトクになることは、毎月の返済が楽ということです。借入れの元金に対して少額を毎月返済し続けることになります。返済の率は借入残高により変わりますが、最少返済金額は借入金額に対して3%程となっているようです。
例えば上記のように10万円を借入れた場合、返済の最低金額は3千円ということになります。

 

毎月3千円という返済額は、少しだけ節約をすれば捻出できる金額と言えるでしょう。ただしそれは、リボ払いのメリットですが反対にデメリットと言うことにもなります。毎月3千円の支払いならば、携帯電話の料金より安い場合もあるでしょう。公共料金と同様に口座振替で返済をしている人にとっては、カードローン返済も毎月掛かる料金のような感覚になっていくのではないかと思います。

 

借金の返済をしているという感覚が薄れて来ると、新たな借金をしても毎月の返済額がそれ程変わらないことで、躊躇なく新たな借金をしてしまう可能性もあるでしょう。

 

リボ払いを早く終わらせるには?

上記のように借金をしている感覚が薄れないためには、途中で繰上げ返済を行うことが大切です。返済をしていることが普通のことになってしまうと、リボ払いは延々と続く可能性があります。

 

資金に余裕ができたとき、直接元金を返済できる繰上げ返済がオススメです。臨時収入やボーナスが入った時、ドンドンと返済をしていきましょう。

 

一部繰上げ返済の有効利用

一部繰り上げ返済とは、決められた返済日の返済額とは別に、臨時収入があったなどお金に余裕が出来た時に行う返済になります。全額返済する場合は、全額繰り上げ返済と呼ばれます。繰り上げ返済のメリットは、繰り上げた分の利息を払う必要が無くなることです。

 

お金に余裕がある時はどんどん繰り上げ返済してしまったほうが良いのですが、繰り上げ返済をする際に手数料が掛かる金融業者もありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。また、一部繰り上げ返済には返済期間を短縮するタイプと毎月の返済額を軽減するタイプがあります。

 

返済総額を少なくするなら、返済期間を短縮するタイプをお勧めします。一部繰り上げ返済に似たもので、一部増額返済というものがあります。これは、お金を借りたあと、返済日に決められた返済額以上の金額を返済する方法になります。予定より早く完済出来るようになるので、利息を抑える事が出来ます。