お金を借りる方法

<おすすめPickip!>

即日融資も可能な安心キャッシング

◎→借入可能か無記名の3秒診断でわかります

お金を借りるのでしたら、とにかく安心できる大手のキャッシングサービスを利用するということです。こちらのページでは人気のおすすめキャッシングサービスランキングを掲載しています。

安心して借り入れできるおすすめランキング

<24時間365日PC・スマートフォンから申込可能!!>

 

 

今すぐ借り入れしたいならコチラ!【お金を借りる方法ナビ】
【プロミス】

最短1時間融資

プロミスは来店不要で最短1時間融資という抜群のスピーディーさが人気の秘訣です。

自動診断が便利

WEB上ですべての手続が可能ですので、今すぐにでもカードローンキャッシングの申込ができます。すぐに自動診断が表示されますので、借入可能金額が素早く確認できるのも借りやすい条件のひとつです。

無利息サービス

メールアドレス・Web明細利用の登録で、30日間無利息で利用できます。

 

詳しくは、店舗への来店不要で利用できる、大手企業の安心感・信頼感抜群のプロミスを確認してください。

 

※プロミスは学生や主婦の方でも、パートやアルバイトで安定した収入のある方は借入申込可能です。

お金を借りる方法ナビゲーション

  1. 家族に借りる
  2. 消費者金融で借りる
  3. 国に借りる
  4. 借りやすい銀行で借りる
  5. 会社に借りる(前借り)
  6. カードローンで借りる
  7. 親に借りる
  8. 友だちに借りる
  9. 恋人に借りる
  10. 先生に借りる

 

お金を借りるにはこんなにたくさんの方法がありますが、知り合いや家族、親戚に借りる場合は無利子で借り入れができるという場合もありますが、精神的な貸し借りでの負担という側面があります。状況にもよりますが、後腐れのない借入ということを重視するなら、大手の信頼できるキャッシングサービスを利用するのもひとつの手段だと言えます。もちろん、返済までをしっかりと計画して必要なだけ借入申し込みするということが肝心です。

 

当サイト、お金を借りる方法では、安心信頼できる大手のキャッシングサービスを紹介しています。是非参考にして下さい。

ネットでお金を借りる時の申し込み方法

最近はネットでお金を借りる方法として、ネットキャッシングを申し込む人も増加してきているようです。
少し前までは、コソコソと知り合いに見られないように気を配りながら、わざわざ自宅や勤務先から離れた場所にあるキャッシング会社の店舗・自動契約機へ滑り込む…という涙ぐましい努力をしながら借入をおこなっていた人も多くいました。
今や2人に1人くらいはパソコンやスマートフォン、携帯電話など、ネットが使用できるデバイスを持っている状況。
ネットでキャッシングができるようになった背景には、ネット普及が進んだからというのもあるかもしれませんね。

 

さて、ネットでお金を借りたいとき、『すぐに借りたお金をにしたい』のであれば、気を付けてほしい点がいくつかあります。
今回はネットでキャッシングを申し込む際に気を付けるべきポイントについてご紹介致します。
知っておくと、後で『え、この書類必要だったの?』と慌てず済みますよ。

 

高額な借入の場合は収入証明書類を用意しておく

基本的に10万円を越える借入をおこなう際には自身の収入がいくらくらいあるか証明する書類が必要となることが多いようです。
給与明細はもちろん、賞与明細を手元に準備しておきましょう。

 

借入総額が一定額を超過する場合も収入証明を用意しておく

高額借入でなくても、他のキャッシング会社から借入しているお金の総額が100万円を越える場合も収入証明書類の提出が必要となる可能性が高いです。

 

職業によっては別途必要となる書類がある

個人事業主の方は、新たにキャッシング審査を受ける際に必要となる書類があります。詳細については各キャッシング会社に問い合わせてみて下さい。きちんと必要な書類を確認した上で、それを揃えてネットでキャッシング申し込みをしましょう。

 

 

リスクの高い借入先はやめよう!

キャッシングでの借金は申込自体は操作もしやすく、インターネット上から行えるようになりました。しかし、インターネット上の貸付先は全てが優良なキャッシング業者である訳ではありません。目を疑うようなキャッチコピーや宣伝文句に騙されてはいけません。

 

詐欺や悪徳業者からの借金は危険な方法

誰でも借りることが出来る、もしくは金利1%など、通常ではあり得ないような借金のやり方を餌に、詐欺に遭う可能性があります。通常、お金を貸すこと、というのは担保や保証人を必要としない代わりに利用者に対して審査を行い、貸し倒れの恐れが無いか判断するのです。そして、金利によって利益を得ています。その常識を覆すような借金業者の宣伝文句は、怪しいと疑ったほうが良いです。(→借金 方法)

 

高金利の借金は破綻の第一歩

借金する方法で悩む女性

実際に怪しい借金する方法を利用すると、なんだかんだと理由を付けて融資を断り、他の高金利のキャッシング業者を紹介するといった事例が実際に起こっています。また、クレジットカードのショッピング枠の現金化を進めてくる業者もあります。こちらは、クレジットカードの利用規約で禁止されている事項になりますので、絶対に行わないようにしましょう。

 

つまり、お金を借りる方法を選ぶときには、大手サービスを検討して、初めて聞くような貸付先は敬遠したほうがいいということです。

初めて消費者金融に借入を申し込む時に知っておきたいこと

 

大阪でお金を借りれるところのイメージ

最近では、大手消費者金融のテレビコマーシャルは、初めて申し込む人でも利用しやすいイメージを意識したものが多くなっている傾向にあります。

 

消費者金融には、過去の金利の問題など何か少し怖いイメージが付いて回ることが多かったですが、そのような負のイメージから脱却するためにクリーンであることを印象付ける内容もよく見られます。

 

実際に消費者金融でお金を借りることにに対しては怖がる必要は全くなく、借りたお金を契約の通りにきちんと返済すれば問題が起きることもありません。

 

利用者層は幅広くなっていますので、困った時に助けてもらったという経験を持つ人も少なくないでしょう。したがって、初めて消費者金融で申し込みをするという時には安心して利用して良いです。ただし、中小規模の消費者金融の中には悪徳な業者がない訳ではありませんので、大手の消費者金融を選ぶ方が安心です。

 

お金借りる時の金利は?申し込みの際に確認すること

消費者金融に申し込みをする場合には、金利や返済の仕方についてよく確認して理解しておきましょう。金利の数字を見てもなかなか返済のイメージが掴めないかもしれませんが、大手の消費者金融であれば公式サイトにシミュレーションツールを用意していることが多いです。

 

無利息期間ありで借りれるサービスを利用すれば金利が安くなる!

借入したい金額や返済回数を入力すれば毎月の返済額が分かったり、毎月に返済できそうな金額と借入したい金額を入力すると返済期間が算出されたりしますので、利用のイメージが掴みやすくなるはずです。金利は少しでも安いほうがいいというのは人情ですよね。もちろん無利息サービスのあるところも多いので参考にしてください。

 

計画的に利用しなければならないということをよく聞くはずですが、このようなツールを利用すると計画も立てやすくなります。また、消費者金融には無利息期間という制度を設けている所がいくつかあります。

 

初めてその業者に申し込む場合に無利息期間の制度を利用できるというケースが多いので、利用条件などを確認してみるとお得に借りることができる可能性があります。

最初はお金を借りれる限度額が低め

借入限度額の条件を見ると、大手の消費者金融なら300万円や500万円までとなっていることが多いです。

 

しかし、最初から100万円以上を借入することは非常に難しいです。初めての借入ならば10万円から50万円程度の限度額となる可能性が高いです。

 

ただし、利用実績を積み重ねることによって信用が高まってくると、限度額を増やせることもあります。

 

申し込みはネットがオススメ

消費者金融に申し込みをする際には、昔は店舗に行ったり無人契約機を探したりするという方法が主でしたが、最近ではスマホやパソコンからネットを利用して24時間365日申し込みすることができます。

 

ネットなら自分の好きな時間に申し込めますし、入力も簡単ですので、非常に便利です。また、借入を銀行振込で行うように選択しておけば、全く店舗などに行く必要がなくなるため、特に忙しい人にオススメの方法です。

 

キャッシングの申込・契約・借入は全てスマホで完了する

スマホからお金を借りる方法を試す2人

キャッシングやカードローンの契約は、最近ではインターネットでの申込が主流ですが、今やスマホ(スマートフォン)でも申込み・契約、借入が利用できるようになっています

 

スマホが世の中に出回る前は、ガラケーと呼ばれる携帯電話での利用が多かったのですが、今はガラケーよりスマホの方が多く流通し、また機能やアプリなどの便利さといつでも持ち歩いている利用率の高さからスマホからの利用が主流となっています。キャッシングは、ネット申込後に銀行振込の利用で、店舗や自動契約機へ出向くこと無く契約し、お金を借りることが可能です。

 

スマホでキャッシング申込の流れ

スマホで申し込むのもパソコンでのネット申込みをするのも、大筋同じ流れになります。

 

まず金融サービスのサイトで申し込みます。

仮審査後(在籍確認も有ります)、スマホで本人確認書類を提出します。

本審査に無事通れば限度額などが決まり、契約内容の確認電話がきます。

新規申し込み時に銀行振込依頼が済んでいる場合はその後銀行振込がありますし、審査後に振込依頼をする所もあります。

 

パソコンのネット申込みとの違いは、本人確認書類の提出がスマホアプリになる点です。スマホで免許証などを撮影し、専用アプリで送信します。

 

銀行振込の利用での注意点

無事審査が終わり、銀行振込の依頼手続きの際、時間帯によっては振込受付時間が締め切られ、翌営業日に振り込まれる場合があります。銀行振込を利用したい人は、どの消費者金融で振込依頼の受付が何時までなのかを把握しておくと良いでしょう。

 

どこの金融業者でも、平日14時までの申込みでその日の振込が間に合いますが、15時にはどの業者も締め切られてしまいます。一番遅い時間でも、モビットの平日14:50までとなります。

 

提携している銀行によって24時間振込に対応している場合もあります。プロミスなら、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている場合、アコムなら、楽天銀行口座を持っている場合は審査に通りさえすれば、24時間振込可能です。
ノーローンは楽天銀行口座を持っていれば平日17時までに審査結果がわかればその日の振込が可能ですが、楽天銀行でない場合は平日12:30までとなります。

 

急いでるのに申込むのが遅くなったら

初めての申込みになると、審査に時間がかかる可能性は大いにあります。
どうしてもその日のうちにお金を借りたい場合は、ネット申込みの後、自動契約機で契約する流れが一番早くカードを受け取れると思われます。

 

自動契約機であれば、大体21時まで営業しているところが多いので、申込みが午後になってしまったり、14時までに審査が終わる気がしないときは、ネット申込後に自動契約機でカードを発行し、ATMで借入金を引き出すパターンが良いと思われます。

 

家族が借金を!私にも返す義務がある?

昔は「借金」と言えば、連帯保証人や担保という言葉が飛び交っていたように思います。現在では銀行のカードローン、消費者金融のキャッシングを利用する時、少額であれば連帯保証人も担保も必要ありません。家族の借金の肩代わりをする義務もなく、金融会社からの請求を受ける義理もありません。もちろん銀行や貸金業者として登録をしている金融会社ならば、債務者の家族に取り立てを行うことはありません。

 

それでも闇金と言われる業者ならば、どんな方法で取り立てをしてくるか分らないということです。仮に家族に返済を迫って来た時、返済に応じないようにすることが重要となります。このような取立ては違法なので、注意が必要です。

 

他人の借金の肩代わりについて

上記のように他人の借金の返済をする必要は無いと言えますが、遺産相続で被相続人が借金を持って亡くなった場合、相続人が借金を支払うこともあります。相続には3つの方法があります。

 

〈単純承認〉

被相続人のプラスとマイナスの財産の両方を相続する方法。相続の事実を知った時から3カ月以内に遺言書の有無を確認、相続人を確認、プラス・マイナスの財産の調査、相続をするか否かを申述する必要があります。

 

期間内にこれらの手続きを行わない場合、単純承認をしたとみなされます。

 

〈限定承認〉

上記の3か月以内に限定承認の申述をした場合、被相続人の残した借金はプラスの財産の範囲で支払いを行うことになります。この金額を超える借金の返済を行う必要はありません。

 

〈相続放棄〉

プラスの財産の相続を放棄した場合、マイナスの財産の相続も放棄できます。被相続人の借金を支払いたくない場合、相続放棄をするしかありません。

 

借金の肩代わりを免れないケースとは?

上記のようなカードローンなどの借金ならば、契約者以外の返済は必要ありません。それでも中には連帯保証人が必要な契約もあります。その場合には債務は借りた人本人だけでなく連帯保証人も同じに返済の責任を負うことになります

 

債務者が返済の延滞をした時点から、連帯保証人にも督促の連絡が入るようになります。例え自分自身では1円も借りていなくても、無条件で債務者と共同で返済するという責任が生じるため、他人事では済まされないのです。連帯保証人になった為に人生が狂ってしまう人も多い為、どんなに信頼できる家族であっても連帯保証人になる時には相当の覚悟が必要になります。

 

家族の借金であっても、保証人や担保の必要無い借金の肩代わりをする義務はありません。それでも闇金業者などで借りた場合、家族に請求して来ることもあるので注意しましょう。相続による借金の返済については相続の種類により行う必要があり、連帯保証人になっている場合は無条件で借金の肩代わりの義務が生じます。

 

借入コラムまとめ

初めて消費者金融に申し込む場合には、大手の消費者金融を選ぶと安心できます。家族や友人、恋人などの個人間の貸し借りは後で揉めます。申し込みの際にはスマホから申込をしたり、シミュレーションツールを利用して返済のイメージを掴むと良いことやネット申し込みが便利であることについて説明します。